2011年9月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:05 Sep 01 2011

中石油大連石化の総経理が免職処分に

 中国石油天然気集団公司(ペトロチャイナ)は8月31日、大連石化公司の蒋凡総経理を免職したことを発表した。蒋氏の後任には、大慶煉化公司の冷勝軍総経理が任命された。同社はまた、事故調査チームを立ち上げ大連石化に派遣し、国家安全監督総局の指導のもと、爆発火災事故の原因を徹底的に調査し、責任を厳しく追及する方針だ。
 
 8月29日、中石油大連石化のディーゼル・オイル貯蔵タンクで火災が発生した。同社では、それより前の7月16日にも、常圧減圧蒸留装置熱交換器に漏れが生じ、火災事故が起きたばかりだった。昨年7月16日、中石油大連新港埠頭で、石油パイプラインと103号タンクで爆発・火災事故が発生、原油の一部が海に漏出し、深刻な海洋汚染を引き起こした。続いて同年10月24日、この103号タンクでまたもや火災事故が起こった。中石油はわずか14カ月の間に4度も深刻な火災事故を大連で起こし、大連市民の深い憂慮と強い不満を引き起こした。

 中石油大連石化は8月30日に緊急会議を開き、中石油が蒋潔敏総経理は党中央と国務院の指導層に対し、8月29日の事故に対する重要指示および指示精神を伝え、安全・環境保全の実現に向けた体制が根本的に好転したと強調した。

 中石油は、廖永遠副総経理を主任とする社内事故調査チームを立ち上げ、技術・管理方面の専門家を調査チームメンバーに選び大連石化に派遣し、国家安全監督総局の指導のもとで大連市事故調査チームと共同調査を進め、一日も早く事故原因を解明、事故の責任を厳しく追及し、事故予防措置を改善する方針を決定した。同社はまた、全国規模で細かな安全生産一斉検査を行い、安全面での隠れた問題を突き止めるための大がかりな点検を行う計画。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年9月1日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古