2011年9月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:40 Sep 01 2011

中国で人気爆発の蒼井そら 人気はいつまで続く?

 タレントでAV女優の蒼井そらは、四川地震災害への募金を呼び掛けたことなどから、中国のネットユーザーから「徳芸双馨」( 徳と才能を兼ね備えている)と称されるようになり、彼女の出演しているAV作品を編集して、美しいミュージックビデオにしているネットユーザーが出現するなど、この1年の間に中国で絶大な人気を誇るようになった。彼女の人気ぶりはというと、中国ではアクセスできなくなっているツイッターにわざわざ専用ソフトを使ってアクセスし、彼女をフォローするネットユーザーが相次いだ。その後彼女は昨年11月に中国でミニブログを開設し、フォロワーの数は今年5月の時点で260万人を超え、中国でファンの増加率が最も早い人気ミニブログの一つとなった。そのほか、4月に江西省南昌市で行われた国際モーターショーに彼女が登場した際には、驚異的な数のファンが会場に押し寄せ、彼女を一目見ようと梯子によじ登るファンや、将棋倒し、包囲事件まで発生…。また6月にオンラインゲームのPRイベントに出席するために上海に来た際、彼女はゲームキャラクターのバトルコスチュームで登場し、ファンを熱狂させた。彼女は現在、ドラマや映画だけでなく、中国ではCDを発売したり毛筆の腕前を披露したりするなど活躍の場を広げ、中国では「蒼井先生」と呼ばれるまでになっている。中国紙「青年導報」(電子版)が報じた。

 蒼井そらが中国を訪問するたびに、熱狂的なファンの間では大盛り上がりとなり、中国で今人気の若手作家、韓寒氏らがネット上で「徳芸双馨」と絶賛する一方、学術論争も少なくなく、低俗な文化は消しても消しても後を絶たないと嘆く専門学者もいる。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古