2011年9月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:48 Sep 07 2011

ウォルマート、普通の豚肉を「緑色食品」と表示して販売

 重慶市工商行政管理局は5日、普通の豚肉を「緑色食品(良質で安全な食品)」と表示して販売したとして、重慶市内のウォルマート3店舗に対する取締りを行ったことを明らかにした。「新京報」が報じた。

 ▽「緑色食品」の豚肉、仕入れ量と販売量の不一致で発覚

 重慶市内のウォルマート3店舗では今年以降、普通の豚肉を高価な「緑色食品認証」豚肉と表示して販売し、販売量は1178.99キロ、販売額は約4万元(約48万円)にのぼった。ウォルマートは声明を発表し、この問題について消費者に謝罪を表明するとともに、関連店舗における問題をただちに是正し、厳正な処分を下すとした。なお、「事件は調査中であるため、声明の内容以外のコメントは控える」としている。

 重慶工商部門は8月24日、「ウォルマート重慶鳳天店で普通の豚肉が『緑色食品認証』豚肉として販売されている」との消費者からの通報を受けた。多方面からの調査により、重慶のウォルマート3店舗において、販売される前の「緑色」豚肉が発見された。ウォルマートの仕入れ記録や販売記録の点検、供給業者への調査などを通じ、この豚肉の仕入れ量と販売量には明らかな差があることがわかった。

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古