2011年9月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:57 Sep 09 2011

東京を訪れた中国人観光客数、過去最高に

 東京都はこのほど、今年の訪日外国人観光客と関連産業がもたらした経済効果について調査を行った。その結果、東京を訪れた外国人観光客は年初以来延べ594万人に達し、過去最高を記録した。このうち中心的存在となったのは、中国人観光客だった。日本新華僑報網が伝えた。

 現地メディアの報道によると、東京都は都内の観光施設などに集客数を照会したり、空港などで観光客にアンケート調査を実施し、それぞれ約70%の回答を得た。同調査によると、昨年1年間に東京を訪れた外国人観光客が都内で消費した金額は計4585億円で、都内の経済に及ぼす生産波及効果は1兆円、雇用効果は5万6千人と推計されている。

 また外国人観光客の消費活動の特徴および満足度についても調査が実施された。その結果、外国人観光客が最も満足した街は新宿が13.1%で1位、次いで銀座が8.4%、浅草が8.0%だった。

 東京訪問の目的に関する調査によると、欧米や太平洋地域各地から日本に遊びに来る観光客の目的はさまざまで、「日本文化を体験したい」(61%)が最も多く、アジアからの観光客の主な目的は「買物(56.5%)」だった。

 外国観光客数が過去最高を記録した理由として、金融危機後の世界経済が次第に復活していることと、日本政府の中国人観光客向けビザ発給条件が緩和されたことが挙げられる。東日本大震災の後は、在日外国人の「日本脱出」傾向が高まり、訪日観光客が激減した。しかし8月以降は、東京を訪れる中国人ツアーの数も持ち直しつつある。

 東京銀座の某有名店の担当者は「中国人観光客による消費はやや回復している。今後より多くの中国人観光が日本を訪れ、それにより日本の旅行業全体が一日も早く回復するよう願っている」と話した。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年9月8日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古