2011年9月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:41 Sep 20 2011

世界で人気を得るようになった日本アイドル

 音楽やポップカルチャーの好きな人なら、欧米のアイドルが世界中で売り出され人気となっているのに対し、日本や韓国のアイドルは国内もしくはアジアという範囲に絞って売り出されていると感じている人も少なくないだろう。しかし近年の日本は、アニメなどサブカルチャーの中心地と言われる東京の秋葉原を中心に活動する「秋葉系アイドル」が出現し、ここを拠点に世界へ直接進出するというモデルが構築されている。それにより、日本のアイドルグループの多くは少しずつ“アジア”という垣根をこえて世界に進出することができるようになっており、日本に外貨収入をもたらしているだけでなく、アニメ以外の日本の文化産業を世界に発信する点で大きな役割を担うようになっている。中国共産党の機関紙「人民日報」が報じた。

 日本のアイドルグループは好感度が最大の売りだ。日本の若いアイドル達は、汗を流して努力し何かを求めたり、時には涙の伴う友情に力を注いだりし、ライバルの出現や挫折、ショッキングな事件が起きても、それを乗り越えていくことで成長していく輝やかしい「青春ドラマ」を演じ、それによってファンが思い描く理想のアイドル像へと限りなく近づいていく。こうした親近感は欧米のアイドルグループにはないもので、その好感度の持てる姿が世界中の若者に人気となり、日本のアイドルグループは欧米市場でも成功できるようになった。

 独創性は成功する秘訣の一つである。一方、歴史の中で日本は外国の文化を積極的に吸収してきた国の一つである。▽古く飛鳥時代の大化の改新(645年)の時は、中国の遣唐使の持ってきた情報を元に唐の官僚制と儒教を積極的に受容した▽1968年に起きた明治維新は、日本をアジアで最初の西洋的国民国家体制を有する近代国家へと変貌させた▽第二次世界大戦後の日本は米国文化の影響を色濃く受けてきた--。これら3つの時代、日本文化のあり方は外来文化の影響を大きく受けた、いや外来文化主導となったとも言えるだろう。しかし20世紀後半ごろになると、アニメをはじめとする日本の文化は独特のオリジナル性を発揮するようになり、多くのアイドルグループも独創的な楽曲や衣装などを売りにし、海外でも日本語でコンサートを開催するなど、至る所で生粋の日本文化を発信してきた。独創的という点では、近年瞬く間に世界に広がった「萌え」文化は最も典型的な例と言える。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古