2011年9月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:29 Sep 21 2011

震災後に見た 日本人女性のたくましさ

 東日本大震災とそれに伴う福島原発事故に見舞われた日本。大災害を乗り越えようと奮闘するその姿を肌で感じようと、記者はこの夏、地震や放射能の恐怖を乗り越えて日本の地を踏んだ。中国紙「新民晩報」が伝えた。

 今回の旅はそれほど長いものではなかったが、感じるところが多く、収穫の多い旅となった。日本は太平洋に浮かぶ島国で、資源にはそれほど恵まれず、地震、津波、火山噴火などの自然災害の多い国だ。しかし、美しい自然に恵まれ、整然としている街は非常に住みやすい環境だと感じた。それに加え、今回印象深かったのは人の気質、特に女性の気質が非常に優れている事だった。

 日本へ行く前の日本の女性に対する印象はというと、家で家事に専念し、夫が帰って来ると、夫の機嫌を取る、弱々しい存在で、そこに尊厳などないと思っていた。しかし、今回の旅で目にしたり聞いたりしたことは、私のその印象を根底から覆すものとなった。まず商店街に行って、目にしたのは、被災して間もないにもかかわらず、慌てふためく様子もなく、上品で穏やかな表情の女性たちだった。広場には子供を連れて遊びに来ている若い女性が2人おり、ジャングルジムに登ったり、かくれんぼをしたりしている子供たちを穏やかな表情で見守っていた。通訳によると、女性2人は必ず復興できると語り合っているところで、その落ち着きはらった表情に、私は眼を奪われた。

 結婚後の女性はというと、競争やプレッシャーに満ちた職場に長くはとどまらず、家族が生活しやすい環境を整えるために家庭へと戻っていくというのが日本の伝統。そのため、私は日本の女性は結婚後、家庭にこもり、社会から切り離された生活を送っているのだと思い込んでいた。しかし、旅を共にしたガイドによると、日本の女性は家庭に戻ってから、夫を支え子供の世話をすることを自分の仕事と見なし、子供が学業に励んだり、夫が職場で成功を収めたりすることを生きがいとしている。

 その説明を聞いて私は、日本の女性のことを少し理解できたような気がした。日本の女性が専業主婦になるのは、ただ伝統がそうだからというだけではなく、それが自分の負うべき責任であり幸福の源でもあるとの信念からで、なにも社会から隔離されたような生活を送っているのではないのだ。日本の女性が落ち着いた表情で、幸福に満ちているのはそのためだったのだ……。 (新民晩報記者 姚霞)。(編集KN)

 「人民網日本語版」2011年9月21日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古