2011年9月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:50 Sep 21 2011

日本式の教育と中国式の教育 両者に大きな違い

 日本式の教育の長所は「体験」を重視する点にある。しかし、日本式の教育を選ぶということは「国際化」から離れて「日本化」することを意味する--。

 夏休みに入り、日本に定住する中国人の多くが子供を連れて帰国した。日本で育った中国人の子供は久しぶりに同胞に会えてさぞうれしかろうと思いきや、友人の子供が言うには「まるで悪夢」だったらしい。

 話を聞けば、親族同士で集まって食事をした後、子供たちに同じ練習問題を出し、どの家の子供が一番早く解けるか競わせようということになった。結果、中国で育った子供の方が問題を早く解き、正答率も高かった。勝った子供の親は「やっぱり中国の子は頭がいい!」と満足そうに笑ったという。

 日本に定住する中国人の親はこのことで焦りを感じ、子供を厳しく叱り、勉強しろと毎日プレッシャーをかけるようになった。子供のほうはうんざりし、日本の子供のように外に遊びに行きたがり、親子関係は悪循環に陥った。

 日本と中国の教育環境は全く違うのだ。中国で10人の子供に聞けば10人とも「子供はしっかり勉強しなければならない!」と言うだろう。しかし日本では、社会の多様化・成熟化に伴い、全ての保護者が「望子成龍(子供が将来出世して立派な人間になることを望むこと)」を信念としているわけではなくなった。

[1] [2] [3]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古