2011年9月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:51 Sep 21 2011

日本式の教育と中国式の教育 両者に大きな違い (3)

 中日間を行き来する中国人の母親は、子供に中国式の教育を受けさせるか、日本式の教育を受けさせるかで非常に悩んでいる。

 日本人に嫁いだ中国人女性の多くは日本式の教育を受けさせることに賛成で、上海の日本人学校にも中国籍の保護者が少なくない。

 ある中国人の母親は、日本旅行中に日本人の接客態度がとても良かったことから、子供にも日本式の教育を受けさせたいと願うようになったという。彼女によると、日本式の教育は「心の育成を重んじる教育方式」なのだという。

 しかし、日本式の教育を選ぶということは「国際化」から離れて「日本化」することを意味する。

 上海日本人学校では中国語と英語のクラスは週に1コマのみだ。「国際性豊かな日本の子供を育てること」は同校の教育目標の一つだが、彼らの教育方針は基本的に日本の「教育指導要綱」にあわせている。「日本人」の精神が濃厚なのだ。日本はここ数年の教育改革で教師の質の改革を行っておらず、国際化能力はますます低下している。

 両国の教育はどちらにも利点と欠点があり、どちらがいいということは言えない。両方の教育方法を体験してみて、その後改めて考えるのも、いい教育の機会となるかもしれない。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年9月21日 

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古