2011年9月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:56 Sep 22 2011

バスケ男子アジア選手権 中国が日本を敗りF組トップ通過

 ロンドン五輪のアジア予選を兼ねる「2011年FIBAアジア男子バスケットボール選手権」は21日、中国の武漢で2次リーグ最終戦を行い、中国は日本と対戦した。

 試合は第1クオーター、両チーム一歩も引かない攻防を見せ、中国が21-16の僅差でリード。第2クオーターは終了約3分前に、NBAのワシントン・ウィザーズに所属している易建聯の攻守にわたる活躍もあり、中国が3ポイントシュートを3連続で決め日本を突き放し、44-30で前半を折り返した。

 後半、日本は両チーム最多の22点を挙げた竹内譲(日立)の活躍 などで追い上げたが及ばず、結局中国が84-58の大差で日本を下した。これでF組は中国が全勝でトップ通過となり、余裕の8強入り。中国は続く決勝トーナメントの第1戦で、E組4位のレバノンと対戦する。(編集KN)

 「人民網日本語版」2011年9月22日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古