2011年9月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:29 Sep 26 2011

AKB48が上海で初公演 活力が溢れて熱唱

 東日本大震災に支援する中国の人々を感謝し、力強く復興する日本の姿を見せるために、24日、AKB48のメンバー16人は上海外大で上海での初公演を行った。「会いたかった」「誰かのために」などファンがよく知られる数曲を歌った。学生やファンが1300人ほどが参加した。

 メンバーの高橋みなみさんが震災について、「日本はすこしずつ前を向いて歩き出している。そして、AKB48も『誰かのために』という東日本大震災への支援プロジェクトが立ち上げられ、自分のできることをやっている」と語った。

 また、コンサートで、AKB48のメンバーは11月、上海でオフィシャルショップを開設すると発表した。オリジナルグッズが販売される予定だ。

 現場で、ファンらは非常に盛り上がっていた。AKB48のメンバーらは時々、中国語でファンらと交流した。コンサート後のインタビューで、「バックでずっと、中国を練習しているが、発音が難しい、もっと勉強しなけばならない」と示した。

 上海に来る前、上海への印象は上海カニしかないが、来てから、ファンや上海人の暖かさに感動させられた。近いうちに、より大きなコンサートを開催するとAKB48は示した。

 今日のコンサートで、警備を強め、大きな混乱はなかった。

 東方ネット日本語版 201年9月26日

[1] [2] [3] [4]

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古