2011年9月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:45 Sep 27 2011

離婚計算機 中国のネット上で大人気

 「離婚計算機」が最近、中国のインターネット上で大人気となっている。このオンラインツールを提供しているサイトにある質問およそ10個に答えれば、離婚にかかるコストが計算できるという。中国江蘇省の地元夕刊紙「楊子晩報」が報じた。

 インターネット上で“離婚計算機”で検索をかけてみると「このプログラムは2011年7月24日に更新されました!」というサイトが出てきた。このサイトの閲覧回数はなんと百万回以上とまさに大人気。

 同計算機はおよそ10個の質問に答えるようになっていた。まず「賭け事、家庭内暴力、愛人などの過ちを犯したことがありますか」という質問に答えると、不動産価格、その他金目の物品の価格、子供の数、月収、離婚後必要な賃貸住宅費用、弁護士を何人雇うか、離婚後家政婦が必要か、離婚後必要な親の扶養費などを書き込むページに移る。それぞれの質問に答えると、離婚にかかるコストを計算してくれる。

 ただ注意が必要なのは、ここで計算できる“コスト”とは、財産をめぐる裁判にかかるコストのみだということだ。つまり、200万元(約2400万円)相当の不動産があるとして、それを均等に分けるようにと判決された場合にかかる100万元(約1200万円)はそこに含まれていない。

 ▽私の離婚にかかるコストは約24万円

 そこで、私が離婚するといくらかかるのか実際に計算してみた。まず「賭け事、家庭内暴力、愛人などの過ちを犯したこと」は「ない」との前提で、200万元相当の不動産のほかに、10万元(約120万円)相当の物品があり、子供1人、月収6000元(約7200円)、10日かけて離婚、離婚後にかかる賃貸住宅費1年9000元(約10万8千円)、雇う弁護士1人、離婚後家政婦は必要ない、離婚後の親の扶養費1カ月1000元(約12000円)と入力。

 すると、計算結果は「負担しなければならない不動産価格の見積もりが2万元(約24万円)、金目の物品の見積もり価格が1千元(約1万2千円)、養育費1カ月1130元(約1万3560円)となった。つまり、私が離婚に必要なコストは2万2130元(約26万6千円)。

 次に「賭け事、家庭内暴力、愛人などの過ちを犯したことが」「ある」と答え、その他は同じ条件にしてみても、結果はそれほど変わらず約2万元(約24万円)だった。

 結果が出た後に、同サイトではさらに「離婚保留」と「離婚敢行」という選択肢が出て来た。どちらのウィンドウにも入って見ると、「離婚保留」を選択した人が圧倒的に多いことが分かった。そして、最後に同サイトには「同じ船で渡るのは、百年修行するぐらい難しいものであり、枕をともにして寝るのは、千年修行するぐらい難しいもの。結婚生活や家庭を大切にしてください!」と呼びかけるメッセージが付け加えられていた。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古