2011年10月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:53 Oct 03 2011

テニス中国オープン、李娜は大番狂わせで惨敗

 テニスの中国オープンは2日、女子シングルス1回戦が行われ、先日全仏オープンで優勝した中国のスター選手・李娜はモニカ・ニクレスク(ルーマニア)に4-6、0-6で敗退した。

 広州日報によると、全米オープン優勝経験のあるクズネツォワにも美人のイバノビッチにも低迷する中国オープンの集客率を改善することはできなかったが、李娜の登場により状況は全く変わった。収容人数1万5000人の会場はほぼ満席で、日本の女性芸能人・蒼井空を含む多くの有名人やスターも続々と李娜の応援に駆けつけた。

 李娜のコンディションは非常に悪く、サーブもストロークも全く集中できない様子で、基本的に一打も成功しなかった。わけのわからないミスの連発に、観客からは溜息が漏れた。さらに大変なことに李娜はもうプレイを続けたくないようにも見え、第2セットの第6ゲームではあっという間に打ち負かされた。

 試合後に李娜は、第1セット終了後に調子を取り戻したいと思ったが、全くできなかったと明かした。そのため放棄したのだという。

 コンディション不調の原因について李娜は「自信不足。変えようとしたが、体調も精神面も完全には調整できなかった。来年また立て直したい。最近の試合は確かに難しい。これまで試合にプレッシャーはなかったが、今は外から来るプレッシャーも自分自身から来るプレッシャーもある」と英語で述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年10月3日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古