2011年10月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:17 Oct 10 2011

中国流動人口発展報告、80年代生まれが中心に

 国家人口・計画生育委員会は9日、「中国流動人口発展報告2011」を発表した。人民日報が報じた。

 同報告は、流動人口の発展状況、社会との融合、転居と都市化、基本公共サービスの均等化、地域人口と経済社会の調和的発展等の問題をめぐり、分析を行った。

 河南省出身の蔡さんは、北京の自動車修理工場で5年間勤務している。「昔はただ、自分が貧しいから見下されているのだと感じていました。都市の人が私たちを見る目、そして話すときの口調には、優越感が満ちていました。ですから仕事以外での付き合いは多くありませんでした。しかし今はお金は稼げるようになりましたが、北京市の戸籍がないので、経済適用住宅(低中所得者層向けの、政府の資金援助による経済性・適用性を備える住宅)、廉租住宅(低所得者層向けの、政府が規定する価格により貸し出す住宅)の申請もできず、また車を買うこともできません」。

 中国において、蔡さんのような流動人口は2億人を超える。同報告によると、都市部の高度成長の過程において、「中国の流動人口の社会との融合レベルは全体的に低く、農民工の社会保障問題も顕在化している」という。

 現在の流動人口は、80年代生まれの人が中心になりつつある。同報告によると、新世代の農民工の規模は増加を続けており、農民工全体の47.0%を占めている。これらの人々の教育水準は向上しており、平均教育期間は9.8年に達している。またこれらの人々の就職先は製造業に集中している。新世代農民工の46.3%が製造業に従事しており、上の世代の農民工を10ポイント超上回っている。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古