2011年10月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:32 Oct 14 2011

日韓で女性の独身ブーム 背景に経済力の向上

 韓国の未婚女性の割合は15-29歳で59.1%、30-34歳で19%、35-39歳で7.6%に達していることが、ある調査で明らかになった。一方、日本でも結婚適齢期に当たる30-39歳の女性の未婚率が38%に達している。これは多くの女性が離婚しているというわけではなく、ここ数年、日本や韓国などの国では女性の結婚観が急速に変化し、結婚せずに独身を貫く女性が増えているのだ。こうした独身ブームは少子高齢化を加速させるなど、一連の社会問題の原因ともなっている。

 伝統的には、家庭を持つことは安定を意味し、夫が一家の大黒柱としての重責を抱える一方、妻は家で子供の世話や家事を行い、“内助の功”を務めるものと考えられてきた。しかし科学技術の発展や「世界の工場」がアジアの発展途上国に据えられたことを背景に、女性も社会に出て働くようになり、男女を問わずに一定の収入を得られるようになったことで、男性の一家の大黒柱という立場は揺らぐようになった。今では、女性も男性と同じように仕事上のストレスや社会における責任を背負っている。東南アジアでは59%の女性が仕事に就いており、韓国に至っては20代の女性のうち59.2%が仕事に就いるのに対し、男性は58.5%にとどまっており、働く女性の比率が男性を上回る現象まで起こっている。このような女性の家庭から社会への進出は、移り変わる社会の外的現象の一つで、経済の力が結婚生活に及ぼす必然的な影響とさえ言うことができる。さらに、現代の女性は自分の存在価値について深く考えるようになっており、一般的に男性の仕事と見られていた多くの職業も今では女性にも門戸が開かれている。男性が外で働き女性は家庭を守る問う伝統はすでに過去のものとなっているのだ。

 日本や韓国の女性が結婚をしない根本的な原因は、女性もより高い教育を受けるようになっていることにある。もし西洋のフェミニズム思想や生計を立てるのが困難な状況が、日本や韓国の未婚女性の働く意欲や独立意識を呼び覚まし、精神的な原動力となったとすれば、高等教育の普及は女性にとってより現実的な後押しとなったといえる。高等教育は高い学歴と同時に、高い收入や地位も女性たちにもたらした。高学歴・高収入・高身長のいわゆる「三高」の女性は仕事が多忙で出会いがないことに加え、伝統的に女性は自分より条件の高い配偶者を探すもので、経済力のある女性は男性にとって高いハードルとなっている。そのほか、家庭本位という結婚観は次第に個人の幸福が一番大切という結婚観に変わっている。あるデータによると、受けた教育や学歴が高い女性ほど晩婚もしくは結婚しない確率が高い。特に既婚の女性の多くがフルタイムの仕事をしながら、家事をもこなさなければならず、負担の重さから心身ともに疲れきっている既婚女性の姿を目にしたとき、結婚適齢期の女性たちは独身の道を歩む決意を一層固くする。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古