2011年10月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:47 Oct 16 2011

公務員試験の申込受付開始 競争率トップは税務部門

 2012年国家公務員試験の申込受付が15日8時に始まり、同日午後4時までに9823人が審査に合格し受験資格を取得した。競争率が最も激しかったのは税務部門だった。新京報が伝えた。

 ▽志望者ゼロの職位が8割以上

 15日8時30分までに37人が受験資格を取得したが、いずれも中央行政およびその直属機関の志望者だった。その後、同日午後4時までに9823人が受験資格を取得したが、80.82%の職位は志望者がゼロだった。昨年の状況を見ると、申込開始当日に9149人が受験資格を取得し、82.8%の職位は志望者がゼロだったことから、ここ2年間の状況はほぼ同じと言える。

 申込開始初日に競争率が最も高かったのは税務部門だ。うち、安徽省国家税務局合肥市巣湖市国家税務局「基層分局課員」の競争率は93倍、広東省国家税務局広東省汕頭市潮南区国家税務局「基層分局課員およびそれ以下の職位」の競争率は71倍に達した。競争が激しかった職位のうちトップ3はいずれも税務部門関連だった。

 ▽応募条件の緩い職位が人気

 一方で、人気の無い職位トップ50の中にも税務局関連の職位が含まれる。例えば、浙江省国税局では226の職位で計327人を応募しているが、15日午後4時現在、受験資格を取得した人はいない。

 中公教育の専門家によると、これは受験生がまだ傍観状態であることと関係があるという。

 申込開始初日の状況を見ると、志望者が多かった職位のうち、省級以上の職位は1つだけで、その他は地市級以下だった。志望者が多い職位のほとんどは応募条件が低く、専攻や学歴、現場での業務経験などの要求が比較的ゆるい職位だった。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年10月16日 

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古