2011年10月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:05 Oct 18 2011

香港 公務員試験の倍率は400倍

 高給で福利厚生がしっかりしている公務員は香港でも“食いっぱぐれのない職業”とされている。香港特別行政区政府は今年8月、公務員の給与を6-7%アップさせると発表し、そのアップ幅が、高止まりしている消費者物価指数(CPI)より大きかったため、さらに魅力ある職業となった。そして今月、同政府は人員拡大を発表した。ある人材資源顧問は、魅力あるこの職業をめぐり、今回は過去にもまして激しい争いが繰り広げられるだろうと指摘している。中国共産党の機関紙「人民日報」(海外版)が報じた。

  1997年7月よりタイを中心に始まったアジア通貨危機を背景に、香港の景気も悪化し、多くの企業でリストラや減給が敢行された。そして、ここ数年も経済は低迷を続けているのに対し、物価は上がり続けている。そんな中、公務員は安定した待遇を受けることができ、大幅な賃上げまである。こんな安定した「役人」は当然ながら、人々の間で大人気の職業となる。毎年平均300-400人が1つのポストを争っているという統計もあり、その競争の激しさは歴然としている。

 香港では、人員募集をめぐる公務員試験は毎年、6月と10月に行われている。試験の内容は、中国語と英語の応用・能力テストなど3項目にわたり、合格した際の成績は永久に有効となる。そのほか、2008年9月1日から、応募した人は必ず、基本的な法律知識に関するテストも受けなければならなくなった。あるメディアの調査によると、政務主任(AO)と2級行政主任(EO)が大学卒業生の間で最も人気のある地位となっている。人気の理由は、同地位の初任給が大学の新卒者の平均給与の2倍にも達しているからである。

 しかし、香港で公務員は“食いっぱぐれのない職業”として大人気だが、公務員が抱えているストレスも人一倍多いようで、いいことばかりというわけではない。公務員は一生懸命働かなければいけないことに加え、言動にも注意しなければならない。また、中国と同じく、香港の公務員もギフトや進物を受け取る機会が多いが、勝手に個人で使用することはできない。香港公務員総工会の責任者は取材に対して、「公務員が受け取ることのできるギフトは基本的に▽50香港ドル(約500円)または公務員の給料の1000分の1以下のギフト▽公務員の氏名が刻まれている1000香港ドル(約1万円)以下のギフト▽役人が来賓としてあるイベントに参加し、その際受け取った400香港ドル(約4千円)以下のギフト--の3種類。さらに、この3種類のギフトを自分の物として使用する場合には、必ず申請書を提出しなければならない」としている。(編集KN)

 「人民網日本語版」2011年10月18日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古