2011年10月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:03 Oct 20 2011

最も革新的な都市、香港が2年連続のアジア首位 豪調査

 オーストラリアのシンクタンク「2thinknow」が18日発表した2011年版「世界の革新的な都市ランキング」で、中国香港が15位にランクイン、2年連続でアジア首位となった。中国系香港紙、文匯報が伝えた。
 
 「2thinknow」は162種の指標をもとに革新的な経済都市331都市を選出。文化、芸術、体育などの分析指標のほか、人材資源やインフラ、持続可能な発展プロジェクト、販売ネットワークを参考とした。順位が高いほど、経済面で革新的な成長がみられる項目が多いことを示す。
 
 今年のランキングでは、香港が前年より順位を3つ上げて15位にランクイン、オーストラリア・メルボルン(17位)、東京(22位)などを押さえ、2年連続のアジア首位となった。世界首位には、米国のハーバード大やマサチューセッツ工科大など有名大学を抱えるボストンが3年連続でランクイン。以下は順にサンフランシスコ、パリ、ニューヨークが続いた。
 
 中国大陸部では、上海が24位で最高位。シンガポール(26位)、ソウル(28位)を上回る健闘をみせた。53位に入った北京は、アジアの都市としては10位。深センも世界上位100都市にランクインした。武漢と成都は、100都市入りは逃したが、初のランクインを果たした。アナリストは「中国大陸部の経済の力強い成長ぶりを反映している」と指摘。台北は100位だった。
 
 欧州では、ドイツ・ミュンヘンが前年の18位から7位に躍進、今年8月に暴動が起きたロンドンも14位から11位に上昇した。財政危機のあおりを受ける中、スペイン・バルセロナも前年の26位から19位へと順位を上げた。(編集YT)

 「人民網日本語版」2011年10月20日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古