2011年10月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:51 Oct 24 2011

北京市民の平均通勤時間45分 5年前より7分増

 北京市社会科学院が23日に発表した「2010-2011年北京市発展報告」によると、北京市民の2010年の平均通勤時間は45.04分で、5年前と比べると7分間増加した。中国新聞社が報じた。

 同報告の概要は以下の通り。

 北京市は2010年4月、時差通勤制度を導入したが、これにより、交通渋滞は緩和されるどころか、ラッシュの時間帯が長引き、渋滞時間帯もそれにつれて長引くという結果を招いた。

 交通渋滞は、北京にとって都市管理プロセスの一難題だ。市政府はここ数年で、ナンバープレート末尾による通行制限、自動車新規購入の制限制度、市バス専用道・専用レーンの設置など各措置を続々と発表したが、北京の交通渋滞は依然緩和されないままだ。

 統計データによると、2010年の北京市民の通勤手段で最も多いのは公共交通機関(地下鉄、市バス)で、自転車、自家用車、徒歩が続いた。同年の平均通勤時間は45.04分と、2005年に比べ18.53%長くなった。

 職住分離によって、北京市民の通勤時間は明らかに長くなり、通勤のやり方や手段に大きな変化が発生したと結論づけられる。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年10月24日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古