2011年10月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:42 Oct 26 2011

103歳のミニブロガー、誕生日のアイデア募集

 西安に住む徐益卿さん(100)は24日、自身のミニブログ(中国版ツィッター)に205件目のつぶやきを投稿、楽しい誕生日を過ごす「アイデア」をフォロワーから募集した。徐さんは2009年、中国長寿のスター」のひとりに選ばれた。過去に4回の起業経験があり、100歳になっても農業を営んでいた。中国新聞社のウェブサイト「中新網」が伝えた。

 「皆さんおはようございます!今日は皆さんからアイデアを募りたいと思っています。2008年に迎えた100歳の誕生日には、建築作業員100人と一緒に長寿麺を食べ、過去最高の有意義な誕生日を過ごしました。旧暦10月9日、私は103歳になります。誕生日をどう過ごすかについて、素敵なアイデアを教えて下さい」。24日午前9時10分、徐さんは同日1件目のつぶやきをミニブログに投稿、転送のお願いも忘れずに書き加えた。

 10月16日に開設された徐さんのミニブログには、すでに205件の書き込みが投稿され、フォロワーは3736人に達した。このミニブログサイトの公式認証データには「陝西省西安市在住の103歳、最高齢のミニブログユーザ」とある。

 103歳という高齢ながらも、目新しい事に対する徐さんの興味は尽きない。オンラインチャットやビデオ通話を楽しみ、ネット用語にも精通している。ミニブログを開設した翌日、「萌え」でアピールする作戦に出た徐さんは「ミニブログを開設したものの、誰もこの老人に関心を持つ人はいません。ああ、悲しい・・・」と訴えた。

 徐さんがミニブログを開設するより前に、106歳の言語文学研究家・周有光氏が本人公式ミニブログをすでに開設しており、多数のフォロワーがいる。中国インターネット情報センターの報告書によると、2011年6月末の時点で、中国人ネットユーザのミニブログ利用率は13.8%から40.2%に上昇した。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年10月26日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古