2011年10月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:12 Oct 27 2011

元軍の沈没船 長崎・松浦沖で発見

 鎌倉時代の元寇(=弘安の役)関連遺跡・遺物を調査、研究している琉球大学の池田栄史教授(考古学)率いる研究チームは24日、長崎県松浦市・鷹島沖の伊万里湾で、1281年に当時大陸を支配していたモンゴル帝国が日本を攻撃した際に沈没したとみられる軍船が、船底の形などが分かる良好な状態で発見されたと発表した。中国のタブロイド紙「新京報」が報じた。

 池田教授らは、元寇の際の原形をとどめた船体がまとまって見つかったのは初めてで、マストなどの上部構造は失われていたが、船底の背骨にあたるキール(幅50センチ、長さ12メートル)の両側に、船底、船腹の外板材(幅15-25センチ、厚さ10センチ、長さ1-6メートル)が整然と並んでいたとし、中央にキールが通っている船底構造のほか、船材上に中国陶磁器の破片や中国特有のレンガである磚(せん)があったことから、元寇船であることは間違いないと語った。(編集KN)

 「人民網日本語版」2011年10月27日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古