2011年10月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:13 Oct 27 2011

中国国家公務員試験について (3)

 ◆公務員の定義

 国外では、公務員という地位に対してさまざまな定義があり、範囲も一定ではないが、大まかに以下の3つのタイプに分けることができる。   

 (1)狭義の公務員

 狭義の公務員は、中央政府の中で選挙や政府によって任命されたのではない事務官のみを指し、選挙や政府によって任命された内閣の成員や各部門の政務次官、政治秘書などの政務官を含まない。この種の定義は国家公務員法規の適用範囲と一致しており、英国や英国連邦加盟国(オーストラリアやカナダなど)は基本的にこの部類に数えられる。英国では公務員とは、内閣と進退をともにせず、公の試験の成績が優れている人が採用され、任期はなく、長期にわたって就くことのできる文民(非軍人)職を指す。   

 (2)中間義の公務員

 中間義の公務員は、政務官や事務官などを含む中央人民政府のすべての公職人員を公務員と呼ぶものの、国家公務員法規が適用される事務官に過ぎない。米国が基本的にこの部類に数えられると言える。米国は公務員を「政府職員(Government employee)」と呼び、同単語は軍事に携わっている人員以外のすべての政府職員を指す、比較的広い意味で使われている。   

 (3)広義の公務員

 広義の公務員は、中央・地方政府機関の公職人員、国会の議員以外のすべての職員、裁判官、検察官、国営企業、事業単位(国家が社会公益目的のため、国家機関により運営あるいはその他組織が国有資産を利用し運営するもので、教育、科学技術、文化、衛生などの活動に従事する社会サービス組織)の職員の総称と考えられ、「国家公務員」と「地方公務員」の違い、「特別職」と「一般職」の区別がある。このような定義において、「一般職公務員」とは政府のシステムの中で、選挙や政府によって任命されたのではない職員のことで、国家政府のシステムにおける事務官、つまり選挙や政府によって任命されたのではない政府職員で、国家公務員法規が適用される「一般職」の国家公務員。日本、フランスは基本的にこの部類に数えられる。フランスにおいて公務員とは中央機関やそれに所属する機関、地方行政機関、公共企業、事業単位において常任の官僚に任命された職員のことを指す。  

  以上の3つの定義のうち、中国は基本的に2番目のタイプに数えられると言える。(編集KN)

 「人民網日本語版」2011年10月27日

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古