2011年11月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:25 Nov 04 2011

日本の芸能界、闇社会との関係深刻 警察が名簿掌握

 北野武監督は昨年、自身の映画作品「アウトレイジ」で、日本の新世代暴力団に対する不満を表現した。伝統的な道義を重んじる暴力団では、我が利益だけを追い求め組織を裏切るようなメンバーは抹殺されたという。たけしさんはまた、1995年の阪神淡路大震災で被災地での支援活動を行い、寄付金や支援物資を提供するなど、義を尽くす暴力団の精神を、現代の暴力団はもはや失ったと指摘した。湖南省の地方紙・ショウ湘晨報が報じた。

 東京都では、今年10月1日から、暴力団排除条例が施行された。「夕刊フジ」によると、警視庁は40人以上に及ぶ暴力団と関係のある芸能人リストを入手している。邦画界の大スター・高倉健さんも、今回の条例施行で巻き添えを受けたという。

 ▽背景

 日本は現在、暴力団組織の存在を合法的に認めている世界で唯一の国家であり、暴力団組織は日本社会の各業界の隅々にまで浸透してきた。しかし、日本経済のバブル崩壊に伴い、暴力団組織の商売も極めて大きなダメージを受け、不法に資金を集め私腹を肥やす暴力団関係者がだんだんと増えてきた。暴力団が一般市民を殴って死亡させる事件や激しい縄張り争いが起こり、ついには政治家を暗殺するという極めて悪質な事件まで発生した。強大な世論に押され、日本は新しい条例を制定、闇社会の違法活動の撲滅に着手した。東京都では今年10月1日から「暴力団排除条例」を施行、警視庁内部には、芸能界からの暴力団一掃を目指し芸能特捜班が設立された。

 ▽進展----暴力団と関係のある芸能人40人以上のリスト掌握

 暴力団組織の違法活動を一掃する目的で、警視庁は芸能特捜班を設立した。「夕刊フジ」報道によると、警視庁は40人以上にのぼる暴力団と付き合いのある芸能人のリストを掌握したという。邦画界の大スター・高倉健さんも、今回の条例施行で巻き添えを受けたという。警視庁関係者は、「リストは、芸能人の姓名、業界、事務所名称、所属グループ、備考など各項目で構成されており、備考欄には、その他犯罪との関連性などが記載されている」と話した。

 このリストが「夕刊フジ」紙面に掲載されると、芸能界に大きな波乱が生じた。警視庁は現在、芸能プロダクション担当者や闇社会に詳しい関係者から関連情報を集め、分析している段階という。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年11月4日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古