2011年11月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:15 Nov 04 2011

バレー女子W杯、日本で開幕 注目の的は王一梅選手

 バレーボール女子中国代表チームは3日、ワールドカップ開幕前日の公式練習を行った。注目のエース・王一梅選手には、中国国内メディアだけではなく、日本のメディアからも大きな関心が寄せられた。北京の日刊紙・京華時報が報じた。

 中国は大会3日目、日本と対戦する。前回のアジア選手権で日本が中国に完敗したことから、日本の各メディアは、中国チームを非常に注目している。特にアジア選手権での王選手の見事な活躍ぶりは、記憶に新しい。3日の公式練習後、日本のメディアが王選手に取材を申し込み、「アジア選手権では中国が日本を打ち負かしたが、今回のW杯でも日本に負けない自信はあるか」と尋ねた。王選手は、「日本チームだけではなく、相手が誰であろうと、私達は全力でぶつかるだけです」と堂々と答えた。「日本チームの注目選手は?」という日本人記者の質問に対し、王選手は、自分と同じエースアタッカーの木村沙織選手の名前を挙げた。

 ある日本人の男性記者は、取材後、自分も元バレーボール選手で、王選手の熱烈なファンであることを告げ、王選手にプレゼントを手渡した。王選手はその記者がその場を離れた後、プレゼントの中身を公開した。大会開催地・広島名産の風呂敷だった。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年11月4日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古