2011年11月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:54 Nov 07 2011

2011年「青空の日」、2008年通年を上回る 北京

 年末までまだ2カ月弱あるが、北京市の大気の質が2級以上となる「青空の日」の日数は今年すでに2008年通年より7日間多く、2010年通年を上回った。北京市環境保護局は6日、北京五輪後の空気品質報告を発表した。これによると、市内の空気品質は五輪後いっそう改善が見られ、一部の汚染物質濃度は年を追うごとに減少傾向が進んでいる。大気汚染物質のうち、粒子状物質の汚染状況は今もなお深刻だが、悪化はしていないという。北京晨報が伝えた。

 統計データによると、今年1月から10月、北京市の「青空の日」は239日に達し、全体の78.6%を占め、オリンピックが開催された2008年通年をすでに7日間上回った。うち大気の質が1級となった日は63日に達した。2010年通年をすでに上回り、2008年同期比では12日増と明らかな上昇傾向にある。(編集KM)

「人民網日本語版」2011年11月7日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古