2011年11月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:08 Nov 07 2011

上海女子中高生「援交」事件、9校20人が関与

 上海市閘北区検察院はこのほど、警察に検挙された未成年女子が関わる大がかりな売春・売春斡旋事件の容疑者を起訴した。この事件に関与した未成年女子は20人、その多くは中学と高校に通う学生で、14歳未満の少女も2人含まれていた。彼女達が通っていたのは、上海にある職業学校分校や普通高校など9校。北京の日刊紙・京華時報が伝えた。

 事件の調査を担当した検察官は4日、今回の大規模な売春事件についてコメントを発表、「事件に関わった女子学生の多くは、小遣い銭欲しさに自らの意思で売春を行い、自分の友達も紹介し、固定客との関係を続けた。日本の『援助交際』とよく似ている」と話した。

 事件の処理を担当した閘北区検察院未成年者刑事検察科の韓孔林科長は「売春に関わった少女らは、中等専門学校、職業高校、専門学校の『三校生』のほか、普通高校の学生もいた。彼女らは、金銭と引き換えに売春することについて、恥という感覚がない」と語った。

 担当検察官によると、少女らはいずれも上海の戸籍を持ち、まずまずの家庭に育った子供達だが、遊ぶ金欲しさに売春という犯罪の道に踏み込んでしまったことが、調査の過程で判明したという。

 韓科長は、少女たちが犯罪に陥った背景には、「家庭教育における欠如」があったと指摘する。検察による調査の結果、事件に関与した女子学生のうち、両親が離婚したケースが1人、養女にもらわれたケースが1人、母親が「外国人」のケースが4人、両親が本人をしょっちゅう罵る、あるいは過度に甘やかすケースが3人あった。「保護者と子供との間のコミュニケーションが不足しており、溺愛もしくは虐待という両極端な育て方が見受けられる。保護者はいずれも、監督管理責任を正しく履行していない。ここから家庭教育でのほころびが大きくなり、未成年の子供達が社会の悪しきムードに影響され、誤った道に陥ってしまった」と韓科長は話した。

 2番目の原因として、学校における徳育教育の不全状態が挙げられる。調査担当者は「一部の学校では、学業成績のみを重視し、徳育の大切さをないがしろにしている。特に、中等専門学校、職業高校、専門学校の『三学校』は、学生の学業レベルがもともと低い上、思想教育は全く放任状態にある。学生の考え方や校外生活や交友関係について、学校側の重視・関心はほぼ皆無であるのが現状だ」と語っている。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年11月7日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古