2011年11月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:45 Nov 08 2011

日本、女子バレー試合開催の豊富な経験

 1973年に開始された女子バレーワールドカップは第11回目を迎えるが、日本が常に主催国である。今年は東日本大震災の影響があったが、日本バレーボール協会は試合開催の計画を変更せず、6つの地域×11回=66試合が組まれた。国際バレーボール連盟が日本を全力で支援した主な理由は、日本バレーボール協会が長年に渡り、試合開催の経験を積み重ね熟練した運営方法を身につけているためだ。人民日報が報じた。

 バレーボールは日本で人気が高く、30数年来、数十の都市でワールドカップの試合が開催された。しかし日本バレーボール協会は宣伝を継続している。ワールドカップ組織委員会から配られた「記者ガイド」には、大林素子や中田由美などの紹介が載せられていた。当時、バレーボール選手の成長を描いたテレビドラマ「燃えろアタック」は、驚異的な視聴率を記録した。ドラマの主人公であるジュンの影響か、現在の日本チームの木村沙織がPRのイメージキャラクターになっている。「記者ガイド」の各国のスタープレイヤーの紹介は、日本人選手に約半数を占められており、木村沙織にいたっては2ページを独占している。試合場では、木村沙織の名前が横断幕にされ、ファンからの熱い声援が飛ぶ。試合場で販売される記念品のうち、背番号12の日本チームのユニフォームが好評を博している。

 開催国はルールの範囲内で、チームやサポーターに有利な条件を整えようとするものだ。日本チームの試合は全て夜の時間に行われ、慣例となっている。その他のチームは早起きするか昼の休憩時間を諦めるかし、日本チームと当たる時のみ夜の試合になるが、日本人サポーターの声援に圧倒される。


 300円のスティックバルーンは、「バンバン」という音を立てる。サポーターは試合前に1時間余りの練習を行い、リズムに乗り声援を合わせ、試合の雰囲気を作り出す。中国チームの惠若キ(WS)は、「あの雰囲気で、自分の気持をコントロールできる」と指摘した。


 試合の開催は、管理とサービスの相互補完が重要だ。試合場の外ではスタッフが「会場」と書かれた看板を掲げて道案内し、会場内ではボランティアが着席を誘導する。さまざまな年齢のボランティアがサポーターを楽しませるために、愛想良くサービスを提供する。観客席には、学生、高齢者、赤ちゃんを抱く婦人の姿もあり、バレーボール観戦が真の楽しみとなっている。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年11月8日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古