2011年11月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:44 Nov 09 2011

中国人幸福感調査 約6割が「幸せ」

 「2011年中国人幸福感大調査」の結果が8日午後、北京で発表された。同調査は求是雑誌社が発行する雑誌「小康」と、清華大学メディア調査実験室が共同で実施したもの。

 調査結果によると、現在「とても幸せ」又は「比較的幸せ」と答えた回答者は60.2%に達した。つまり6割以上の人が今年、幸福感を感じていたことになる。法制晩報が伝えた。

 ▽職種によって幸福感に違い

 調査によると、6割以上の人が幸福感を感じた一方で、約4割が幸福感を感じていないことになる。

 調査対象は全国31省(自治区・直轄市)の287都市をカバーし、回答者の男女比率は52:48、年齢は20歳-60歳。回答者の職業は農民、会社員、公務員、企業経営幹部、国家機関・事業機関の指導者など、10あまりに及んだ。

 回答者のうち、幸福感が最も高かったのは「公司・企業の指導者、管理職員」で、2位は「国家機関・事業機関の指導幹部」だった。

 しかし一方で、「国家機関・事業機関の指導幹部」とは同僚であるはずの「一般公務員」の幸福感は低く、「自営業者」にも及ばなかった。

 職業別幸福感ランキング
 1、公司・企業の指導者、管理職員
 2、国家機関・事業機関の指導幹部
 3、科学研究者、教師、医師、弁護士、メディア、ITなどの専門家
 4、自営業者、フリーランス
 5、国家機関・事業機関の一般公務員
 6、農民、出稼ぎ労働者

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古