2011年11月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:44 Nov 09 2011

中国人幸福感調査 約6割が「幸せ」 (2)

 ▽社会保障体系の不備が幸福感に影響

 中国個人所得税
の新法が今年9月より施行されたのに伴い、米「フォーブス」誌が2年前に行った「世界の税金不快指数」ランキングが再び注目を集めている。同ランキングでは、中国大陸部の税金不快指数が世界2位となった。同ランキングが再び注目された理由は、税負担に苦しんでいる人々にとって、これが有力な論拠となったたからだ。

 この観点は、今回の調査でも証明された。幸福感に最も影響を及ぼす社会的要素は?との質問に、「社会保障体系の不備」と回答した人は25.6%を占め、トップだった。また、「社会のモデルチェンジからくるプレッシャー」は3位だった。

 ▽家庭背景も幸福感に影響

 調査結果によると、家庭の権力的背景、経済力、コネなどが個人の幸福感に「大きな影響をもたらす」とした回答者は90%に上った。また一方で、広がり続ける貧富の格差も幸福感に影響をもたらしているようだ。

 2011年7月、 教師歴15年のあるベテラン教師が「今の時代、貧しい家庭から優秀な子供が誕生するのは難しい」と題する文章をブログ上で発表し、その中で「高校や大学受験の成績上位者は、ほとんどが金持ちの子だ。成績はみな金で決まる。近い将来、このような教育差別はますます大きくなるだろう。貧しい家の子供がいい成績を取ろうと思ったら、努力だけでは足りない。スタートラインからもうレベルが違うのだ」と指摘した。

 今回の調査でも、回答者の70.7%が「高官や富豪の子女には全く接触することがない」又は「直接接触することはない」と答えた。また、「よく劣等感を感じ、そのせいで幸福感が下がると感じる」又は「かつて劣等感を感じ、そのせいで幸福感が下がったと感じた」とした人は77.8%に上った。

 この背後には、教育の質と家庭の経済力が正比例している事実、そしてGDPに占める教育投資を4%とするという承諾がここ20年間で全く実現できていないという事実がある。

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古