2011年11月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:35 Nov 09 2011

中国、アジア最大の海外旅行市場に

 中国は現在、アジア最大の海外旅行市場、世界3位の海外旅行先となっており、世界最大の国内旅行市場にもなりつつあることが、安徽省合肥市で8日に開幕した「第7回中国国際徽商大会・安徽観光PR会」で分かった。中国国営の「新華社通信」(電子版)が報じた。

 中国国家観光局総合協調司(局)の張堅鐘司長が同PR会で明らかにした。張司長は「中国は近年、総合的な国力が顕著に強まり、国民の收入水準が継続的に高まっているのを背景に、観光業も急速な伸びを持続的に見せており、国民経済の重要産業になっている」と語り、「中国は現在、アジア最大の海外旅行市場、世界3位の海外旅行先となっており、さらに世界最大の国内旅行市場にもなりつつある」と指摘した。 

 張司長によると、2008年に国際金融危機が発生して以降、中国の観光業は迅速に回復、かつ比較的速い成長を遂げ、国民経済の中でも重要な位置を占めるようになっている。中国政府も観光業の発展に非常に注目しており、国務院(政府)は2009年、観光業の発展を加速させることに関する意見を発表。中国の観光業は現在、国民経済の戦略的支柱産業、国民を一層満足させる現代サービス業へと発展している。

 今回の同PR会では、21カ国・地域の企業が戦略協力プロジェクト2件、観光投資プロジェクト21件、総額628億元(約7536億円)の契約を結んだ。
(編集KN)

 「人民網日本語版」2011年11月9日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古