2011年11月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:58 Nov 10 2011

10年で大変貌を遂げた中国女性の地位 (2)

▽「家庭における自分の地位に満足」85.2%

 回答者のうち、「中国では、男女の社会的地位はほぼ同じ」と答えた女性は59.5%、「男性の地位は女性より高い」は33.7%、「女性の地位の方が男性より高い」とした人は3.4%だった。86.7%の女性は、「男女平等が自然に実現に至ることはあり得ない。積極的に働きかける必要がある」と答えた。家事の男女共同分担という考え方を受け入れる人は増える一方で、家事労動時間における男女差が縮小した。

 統計データによると、個人的な問題について女性が自主的に決断を下す傾向は高まっており、家庭で重大決定を下す際の決定権は、男女間でますます平等になっている。「世帯の投資・借金」を決定する際、夫婦が相談する、あるいは主に妻が決定する世帯の割合は74.7%に達し、10年前に比べ14.3ポイント上昇した。また、「家庭における自分の地位に満足している、あるいはとても満足している」と答えた女性は85.2%。

 調査に回答した18歳から64歳までの女性のうち、既婚者は85.0%と、男性に比べ1.5ポイント高かった。未婚者は7.1%と、同比5.2ポイント低かった。

▽「管理職や部長職についた経験がある」 10年間で4.5ポイント増

 企業・組織の管理職や部長職についた経験がある女性の割合は、10年前に比べ4.5ポイント上昇した。現在、中国の最高指導層には8人の女性がいる。就業女性のうち、国家機関、党関連機関、企業のトップ職を務めている女性の割合は2.2%と、男性の割合の約半分だった。最近5年に村民委員会選挙に参加した農村女性の割合は83.6%。ボランティア活動や寄附金活動に積極的に携わる女性の割合は、2000年に比べ2.1ポイント増加した。最近10年間で中国共産党に新しく入党した女性は、新人党員全体の46.2%を占めた。

 教育の発展に伴い、大学学部以上の学歴を有するハイレベル女性人材の割合は81.4%に達し、男性より7.1ポイント高かった。教育、科学研究、医療はもちろん、宇宙旅行などのハイテク分野でも、一部の傑出した女性がリーダーとして人の上に立つようになり、男性も太刀打ちできないほどの男勝りの女性が輩出している。(編集KM)

「人民網日本語版」2011年11月10日

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古