2011年11月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:15 Nov 13 2011

在日中国人死亡事件は安全への警鐘

 10月29日、千葉県銚子市の水産工場で働く中国人研修生、朱永衝さんが、日本人の同僚、印南義之容疑者に口論の末、鉄製の銛(もり)で叩き殺されるという事件が発生した。聞いただけでも心が痛くなる。

 少しインターネットで検索してみると、近年、在日中国人が不意の事故で死亡する事件が相次いで発生していることが分かった。2010年末、三重県四日市市で働く23歳の技術研修生、王定祥さんが、踏切待ちをしていたところ、車に追突され線路に侵入、鉄道に轢き殺されるという事件が発生。今年1月には、千葉県船橋市の岸壁で、中国船籍の貨物船が着岸作業中、引っ掛かった係留ロープが甲板長の中国人男性の胸部に当たり死亡するという事件が起きた。2008年、中国人研修生の蒋暁東さんが過労死した事件は日本中を驚かせたが、死亡原因が過労死と認められたのは、2年後の2010年末になってからだった。2006年に中国人研修生、羅成さんが街中で日本の警察に射殺された事件もまだ裁判で決着がついていない。

 このような事件は時間の経過により風化されるべきではなく、人々は安全への警鐘として捉えるべきである。日本に住む中国人はリスクが存在するという意識をもつ必要がある。

 第一に、日本は地理的に自然災害が起きやすい環境にある。ここ数年は、自然災害が多発している。今年の東日本大震災や福島第一原発事故により、日本は「危険な国家」のブラックリスト入りを一気に果たした。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古