2011年11月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:12 Nov 15 2011

中国のドキュメンタリー作品、国際市場に進出するには?

 今年、中国中央テレビ(CCTV)のドキュメンタリー専門チャンネルが開設された。これにより、中国では番組制作から放送、マーケティングに至るまでの川上・川下産業チェーンが大きく刺激を受け、中国ドキュメンタリー作品の世界進出が注目を集める話題となった。人民日報が伝えた。

 ▽テーマは? 外国人が知りたいのは普通の中国人の生活

 ドキュメンタリー作品の研究者であり、制作者でもある北京師範大学の張同道教授は、「世界的に見ると、中国に関する多くのドキュメンタリー作品が大きな成功を収めており、影響力も大きい。しかしこれらの作品は主に欧米人が撮影したものであり、中国人が好むようなドキュメンタリー作品は外国ではなかなか売れない。これは、中国のドキュメンタリー作品をいかにして世界に打ち出すかという問題に関わってくる。例えば、我々は北京と言えば万里の長城、故宮、天安門ばかりだ。しかし外国人は過去から現在に至るまで、北京人がどのように生活してきたかを知りたがっている。文化財、歴史のほかに我々が世界に打ち出せるものは何があるだろう?」と語る。

 北京ラジオ映画テレビ番組取引センターの程春麗副総経理は「我々の番組制作能力は、中国関連番組に対する世界のニーズに追いついていない」と語る。

 NHKエンタープライズ国際事業センター経営主幹の天城靱彦氏は「中国で今発生している全てのことを、ドキュメンタリー化することができる。我々は、この国で発生する変化が、世界に対してだけでなく、一般市民に対してどんな影響を持つのかを知りたい。世界に中国人について知ってもらうには、2種類の方法がある。1つ目は、著名人に取材すること。彼らの変化は説得力がある。そしてもう1つは一般市民に取材することだ。そうすればより庶民の生活を見ることができる」と語る。

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古