2011年11月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:20 Nov 16 2011

本当の自分を押し殺すと30歳でも老化が始まる?

 まだ30歳そこそこなのに「お兄さん」とか「お姉さん」と言われるのが嫌い、新しい友達を作るのが面倒くさい、健康問題に関心を持ち始めた、最近年寄りくさい会話が増えた、というあなた。もしかすると、「若老け」かもしれない。中国で9月から放映され人気となっている台湾ドラマ「我可能不会愛爾-In Time with You-」の中で「若老け」の50の症状が取り上げられ今、中国のネット上で話題となっている。中国江蘇省の地元夕刊紙「楊子晩報」が報じた。

 「若老け」という言葉は、台湾の人気アイドル林依晨と陳柏霖が主演する上記ドラマに出てくる言葉で、現代の人の心が仕事上のストレスや生活上のプレッシャーから、往々にして実際の年齢よりも早く老け、若いのに「老化」の兆候が出てきてしまう状態を指す。この点に関して広州医学院第一附属病院心理科の余金龍主任は「医学的には『若老け』という言葉はない。あえて言うならば『年の割に老けている』というところ。ただ、この2つは全く別物で『若老け』になると身体的に老化が進むだけでなく、若いのに活気がなくなり、老人のように老けこみ落ち着いてしまう」と指摘。

 さらに余主任は「『若老け』は正常な現象ではない。『円熟』の程は年齢と比例していて初めて正常と言える。年齢不相応な『円熟』は競争が熾烈な環境以外に、栄養不足または過多、不規則な生活習慣、身体機能の衰退など客観的要素や本当の自分、価値観、安心感の欠如などに起因している」とし「一粒の種が十分な太陽光や水分、質の良い土壌があれば、ひとりでに大きな木に成長することができるように、人も成長するために十分の空間や安心感が必要。もし本当の自分が押し殺されるようなら、正常な成長を遂げることができなくなる」と警笛を鳴らす。(編集KN)

 「人民網日本語版」2011年11月16日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古