2011年11月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:24 Nov 17 2011

中国文化産業の売り込み 日本の成功経験を参考に

 かつて中国文化が輝いていたころ、日本から多くの使者が中国文化を学びに来ていた。現在、中国は世界でその文化を広めようとしているが、そのためには中国文化の力を高めなければならない。しかし、これは一朝一夕にできるものではない。しかし、中国の文化産業が日本で成功した例をみると、その中に規則性を見いだすことができる。

 中国的要素を取り入れた映画が日本でうける

 2003年8月、チャン・イーモウ監督の「ヒーロー」が日本で上映された。21世紀最初の武侠映画(武術・任侠をテーマにした映画)は、人気の高いジェット・リーやトニー・レオンらスターが出演したことでも話題を呼び、当時の日本でも大きな反響を呼んだ。琴や書など中国的要素を多彩に盛り込んでいた点も、欧米の映画が好きな日本人にとって目新しく映ったのだろう。

[1] [2] [3] [4]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古