2011年11月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:24 Nov 21 2011

ふがいないサッカー中国代表を皮肉った臭豆腐店が人気

 サッカー中国代表がブラジルW杯への出場を逃したことで、山西省太原市許西村にある揚げ臭豆腐(発酵させた豆腐を油で揚げて、唐辛子ジャムをつけて食べる中国の伝統美食)を売る店が人気を集めている。この店の名は「国足臭豆腐」。「国足」は中国語で「サッカー中国代表」の意味、「臭」には「ひどい、駄目、下手」などの意味がある。

 この店は今年7月初めにオープンしたが、当時は人気がいまひとつだった。ところが11月11日に中国代表がイラクとの試合に負け、ブラジルW杯出場の望みがなくなってからというもの、客足が伸び始めたという。怒りが収まらないサッカーファンたちがこの店名に共感を覚え、毎日の売上が急上昇。一日に600個あまりを売り上げた日もあった。店主は店名について、「ただ冗談でつけただけ」と語る。この店に集まる客たちは皆、サッカー中国代表のふがいなさに怒りを示し、中国代表が進歩を遂げることを願っているのに違いない。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古