2011年11月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:17 Nov 22 2011

ハリウッドスター、中国映画に進出

 韓国のスターを招き、日本のスターを招くことに成功した中国映画界だが、今やハリウッドスターを招くことも珍しくない。

 チャン・イーモウ監督の新作「金陵十三釵」は予告編を公開し、巨額の出演料で招いたクリスチャン・ベールの演技が披露された。1ヶ月後、フォン・シャオガン監督の新作「一九四二」は、出演を決めたハリウッドスターを発表した。それもオスカー受賞者だ。

 近年、中国映画には外国人スターの顔ぶれが増えている。以前の日韓スターとは異なり、今回はハリウッドトップクラスのスターを招いた。しかも今回は脇役ではなく、主役を務めることとなった。

 ハリウッドスターにとっては、「中国は市場が大きく、多額の報酬を約束してくれる」し、中国製作者サイドにとっては、「ハリウッドスターの出演で、世界公開を目指す」ことができ、両者にとってうまみがあると言える。

[1] [2] [3] [4]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古