2011年11月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:08 Nov 22 2011

在米中日留学生数の推移、国力の変化を暗示

 米国最大の教育推進機関・米国国際教育協会(IIE)はこのほど、2010-2011年度に米国の大学で学ぶ日本人留学生は、前年度比14.3%減少、総数は10年前の半数にも及ばず、出身国別ランキングで第7位まで落ち込み、2年連続トップに立った中国とは好対照を成したと明らかにした。米「僑報(THE CHINA PRESS)」が伝えた。

 1990年代には、出身国別で最多だった在米日本人留学生は、この6年間続けて減少、現在では中国人留学生の7分の1まで減少した。「一葉落ちて天下の秋を知る(わずかな前兆や現象から物事の本質や衰亡を察知すること)」という諺の通り、米国で学ぶ中日両国の留学生数の推移の背後には、両国の実力に微妙な差が生じていることが暗示されている。

 中国では、経済力が絶えず強大化するに伴い、子供の米国留学させる経済力を持つ家庭がますます増えている。留学は一種のブームとなっており、各大学、特に名門校に進学する学生や、さらには海外留学する学生が急増している。このような現象は、中国社会がますます開放的になり、中国人の考え方がますます進歩的になったことと深く関係している。

 一方、日本の状況を見ると、まず日本では少子化の影響を受け、学生数は減少の一途をたどっている。次に、20年間続いている経済低迷によって、日本の家庭では、子供を海外留学させる経済力・意欲がともに低下している。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古