2011年11月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:11 Nov 24 2011

岡田武史氏、中国サッカークラブの監督就任か

 元サッカー日本代表監督の岡田武史氏のプロフィールが、中国サッカー・スーパーリーグの各クラブにファックスで送信された。これまでの監督推薦とは異なり、今回のファックスは中国サッカー協会が作成したものだ。南方日報が報じた。

 情報によると、岡田氏の推薦は、国家体育総局の蔡振華副局長が日本サッカーを視察した際の成果であるという。岡田氏本人もまた、中国のサッカークラブで監督を務める意思を明らかにした。

 中国サッカー協会の推薦状には、「岡田氏が中国で監督を務めれば、各クラブのレベル向上、日本の経験の吸収、日本メディアと企業の中国サッカーリーグに対する関心向上、中日間のサッカー交流の強化につながり、積極的な意義がある」と書かれていた。

 岡田氏は理論派の典型的代表者とされ、その厳しい統率で有名だ。岡田氏は1956年生まれで、元サッカー選手。20年間のコーチ・監督経験がある。Jリーグ監督の他に、日本代表チームの監督を2度経験しており、昨年のワールドカップ南アフリカ大会では、日本チームをベスト16に導いた。(編集YF)

 「人民網日本語版」 2011年11月24日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古