2011年11月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:37 Nov 25 2011

「一人っ子は2人生める」 北京では見込みなし

 夫婦のどちらかが一人っ子であれば2人目の子供を生めるようになる見込みは、北京ではないようだ。北京市人口・計画生育(産児制限)委員会の関係者はこのほど、市政府公式サイト「首都之窓」の番組にゲスト出演し、「単独可生二胎(夫婦のどちらかが一人っ子であれば2人まで子供を生めるようにする)政策について「北京で実施される目途はまだ立っていない」と明らかにした。新京報が伝えた。

 現行政策では、夫婦ともに一人っ子の場合、2人目の子供を生むことがみとめられている。広東など一部地方が少し前、「単独可生二胎」政策の試行を国家に申請するという情報が流れ、「どちらかが一人っ子」夫婦の多くが、合法的に2人目を生めるかもしれないという期待を持った。

 北京市人口・計画生育委員会研究室の潘銀苗主任は、「北京では、一人っ子の割合が高く、『単独可生二胎』を認めることで、北京の人口計画に及ぼされる影響はかなり大きいと予想される。全国レベルで見ると、一人っ子の割合が低く、影響も少ない」との見方を示した。

 同委員会政策法規処の周新茹処長は、「現行の産児制限策に合わず、規定に違反あるいは違法に子供を育てている夫婦は、まず社会扶養費を納めなければならない。勤め人の場合は、さらに職場の行政処分や紀律処分を受け、共産党員の場合は、党の規律処分を受けなければならない」と強調した。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年11月25日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古