2011年11月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:18 Nov 29 2011

テレビドラマ放映中のCM放映禁止へ 中国

 中国国家広播電影電視総局(広電総局)は28日、「ラジオ・テレビコマーシャル放送管理弁法補充規定」を発表、来年以降は全国各テレビ局がテレビドラマの放映中にコマーシャルを挿入することは一切禁じられることとなった。人民日報が報じた。

 「補充規定」によると、2012年1月1日から、テレビドラマ放映時に、ドラマ一話分(45分間)の放映中に、いかなる形によってもコマーシャルを挿入することが禁止される。テレビでの映画放映時のCM放映に関しては、従来の規定が適用される。今回発表された補充規定は、2010年1月1日に施行された「ラジオ・テレビコマーシャル放送管理弁法」第17条の改正バージョンとなる。

 広電総局関係者は「テレビドラマは多くの家庭に浸透しており、中国国民が大いに楽しんでいる精神文化作品のひとつだ。テレビドラマ放映中のCM放映がなくなれば、ドラマ各話の完全性や一貫性が保たれ、人々の利益や望みが実現し、テレビ・ラジオ公益文化サービス機能がより向上することになる。長い眼で見て、テレビドラマ業の健全な科学的発展を促進し、テレビ局が人間本位の公共サービス水準を高めることに有利に働く」とコメントした。

 広電総局は、各級広電行政部門と各級テレビ局に対し、党第17期第6回中央委員会全体会議の精神に則り、テレビドラマ放映中のCV放映禁止を真摯に実施し、国民をより満足させるよう求めた。また、多くの視聴者に対しては、今回の決定が着実に実行されているか否かを監督するよう呼びかけた。

 広電総局は同日、新政策の適切な実施を確実なものとするために、「『ラジオ・テレビコマーシャル放送管理弁法補充規定』の徹底実施に関する通知」も発表、各級テレビ局が2012年以降、テレビドラマ放映中のCM挿入を控えることを徹底し、番組と広告の再編成を行うよう求めた。

 広電総局はまた、各級ラジオ・テレビ・映画行政部門に対し、各級テレビ局の実施状況を全面的に監督するよう求め、テレビドラマ放映中にCMを挿入しているテレビ局は、関連規定にもとづき厳重に処分する構えを見せている。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年11月29日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古