2011年11月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:10 Nov 29 2011

中国女性の就業数増加 教育の男女格差縮まる

 中華全国婦女連合会と国家統計局は29日、「中国女性発展綱要(2001-2010年)最終統計監視測定報告」を発表した。「綱要」の発表がスタートして10年、女性の発展推進の分野で、中国は重大な進展を得た。女性の就業数は増加し、意思決定権と管理権を持つ女性の割合は上昇し、教育における男女の格差は縮小、女性の健康レベルは高まり、女性の生存・発展を取り巻く環境はさらに合理化した。

 開催中の「第5回全国女性児童工作会議」で明らかになったところでは、中国全国の2010年女性就業人口は概算3億5千万人、2000年比約2千万人増加した。社会の就業数全体に占める女性の割合は約46%と、「綱要」で定められた目標値40%を上回った。

 報告によると、高等教育を受ける中国女性の割合はここ数年上昇を続けており、学生の男女比はほぼバランスが取れている。このうち大学院に在籍する女子学生は64万4300人、全大学院生の50.36%を占め、この割合は2000年比14.2ポイント上昇した。普通大学学部に通う女子学生は1135万1千人、全体の50.86%、2000年比9.5ポイント上昇した。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年11月29日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古