2011年11月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:04 Nov 29 2011

日本、トキ8羽を中国に来月返還

佐渡トキ保護センターで飼育されているトキ

 日本環境省は28日、新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターで生まれたトキ8羽を、12月10日に中国へ返還すると発表した。同8羽は今後隔離検疫を受けた後、新潟空港から上海へと向かう。中日間の覚書に基づき、中国から借り受けている親トキから生まれた子どものうち半数は中国に返すことになっており、2002年以降計4回、28羽が引き渡されており、今回は5回目。中国国営の通信社「中国新聞社」が報じた。

 中日両国は1985年以降、トキの保護協力を進めており、2003年には「日中共同トキ保護計画」に調印した。当初、中国から貸し出されたトキの多くがすぐに死んでしまった。1998年、中国の江沢民・当時国家主席が中国産トキのつがいを日本に贈呈することを表明し、翌1999年1月30日、「友友」(ヨウヨウ、オス)と「洋洋」(ヤンヤン、メス)が日本に到着。友友と洋洋は同年5月に、佐渡トキ保護センターで子ども(オス)を出産し「優優」(ユウユウ)と名付けられ、中日共同トキ繁殖プロジェクトの初の成果となった。その後、2000年10月、中国国務院(政府)の朱鎔基首相が中日首脳会談の席上で、「優優」のペアリングの相手として「美美(メイメイ)」を供与することを表明、同月14日に同センターに到着した。さらに2007年4月、中日首脳会談で温家宝首相が華陽(ホワヤン、オス)と溢水(イーシュイ、メス)の供与を表明、同年11月に2羽のトキが同センターに到着した。

 中国側から美美が貸し出される際、両国は「生まれた子どものうち半数は中国に返還する」との覚書に調印しており、日本は2007年11月、2003-2007年の期間に美美が生んだ子ども13羽(オス8羽、メス5羽)を中国に返還。今回、返還される8羽は、いずれも2010-2011年の間に美美、華陽と溢水から生まれた子どもで、うち6羽がオス、2羽がメス。(編集KN)

 「人民網日本語版」2011年11月29日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古