2011年12月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:12 Dec 09 2011

日本で白血病患者急増のデマ、放射能汚染への危惧が原因か

 福島第1原発の事故後、ネット上ではさまざまな噂が飛び交っている。11月下旬に広まった「白血病患者数が激増」というデマは、BBS、ツイッター、ブログ等を通じてさらなる広まりを見せている。このデマはニュースとして報じられ、情報の出所は日本医師会とされた。具体的内容は以下の通り。

 「国公立医師会病院の統計結果によると、2011年4−10月に白血病と診断された患者数は、昨年より7倍弱増加した。この情報は11月21日に裏付けられた。60%以上の患者が急性白血病で、これほど高い比率は1978年に白血病患者の統計を開始して以来初である。また80%の白血病患者は東北および関東地方に居住しており、福島県、茨城県、栃木県、東京の順で多い。福島第1原発の事故との関連性は明確にされていないが、日本医師会の原中勝征会長は、その関連性について公式に発表した」

 11月29日、日本医師会はネット上の「原中会長の名義で発表された声明」を否定し、「同データを発表したことはない」とした。日本医師会の情報広報部の調査によると、デマが最初に出現したのは2ちゃんねるであった。2ちゃんねるでは当初、情報源が不明として、一部のネットユーザーが情報を疑っていた。しかしその後、同情報の出所について注目されることはなく、ブログやツイッター等でデマが紹介され、あちこちで転載するネットユーザーも出た。また一部のネットユーザーはネット上で、「火のないところに煙は立たない」と述べた。これらのネット上でデマを紹介・転載したネットユーザーの多くは、放射性物質汚染を懸念する人々であった。

 11月29日、2ちゃんねるは本件について謝罪を行った。専門家は、「デマの内容は非常識的で、説得力がない」と指摘した。神戸市の小児科医師を名乗るネットユーザーは、「白血病患者が昨年の7倍増となったならば、専門の医師が不足し、日本医師会は麻痺状態に陥るだろう」と説明した。

 情報によると、日本医師会は白血病の統計調査を実施したことがない。厚生労働省保健統計室は9月と10月に白血病患者の調査を行ったが、調査結果の発表時期は2012年12月とされている。

 専門家は、「デマの背後には、日本人の福島第1原発事故に対する、政府の処理能力不足への不信任感がある」と指摘した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年12月9日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古