2011年12月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:01 Dec 09 2011

酒井法子さんが初の自叙伝出版 麻薬使用経緯も告白

 2009年に麻薬所持・使用容疑で逮捕されたことで、日本の元祖国民アイドル・酒井法子のイメージは地に堕ちた。あれから2年の間に、酒井さんは離婚を経験し、慈善活動に身を投じ、懺悔の気持ちを込めて自叙伝を書いた。彼女にとって初の自叙伝となる「贖罪」の簡体字中国語版は、10日に発売される。

 アジアの大スターだった酒井さんは、結婚して母親となり、麻薬に手を染めたものの最終的にはその世界から足を洗った。彼女の胸の内にはどのような変化が起こったのだろうか?女が麻薬に手を染めたのは、どんな苦悩があったからだろうか?これらの答えは全て、「贖罪」を読めば分かるだろう。「贖罪」は、麻薬所持・使用に対する酒井さんの懺悔の記録だ。酒井さんはこの自叙伝で、麻薬に手を染めた経緯、逮捕請求が出て逃亡、審理に至るまでの自らの心理状態を振り返り、芸能界から受けた影響を分析し、最終的には自分のやった行いを深く反省し、麻薬を使用したことで周囲の人や社会に及ぼした悪影響についてお詫びの気持ちを記した。同書に書かれた真相の多くは、これまで一度も明らかにされなかったことだ。「贖罪」簡体字中国語版には、酒井さんの未公開写真24枚も掲載されている。これは、中国人ファンへの彼女の特別な気持ちが込められている。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年12月9日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古