2011年12月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:40 Dec 11 2011

日本人の審美観が逆転 男はスレンダー、女はぽっちゃりに (2)

 逆に日本の男性芸能人をみると、若いアイドルはやせ形が増えている。日本男性は175センチ、57キロが理想とされている。

 アパレルショップで働く白川准一さん(25才)は目標体重を55キロに設定しているそうだ。白川さんの体重は現在57キロ、身長はなんと182センチだ。

 「痩せた体型を維持するのが大切なんです。」白川さんは「仕事上の理由もありますけど、女性がやせ形の男を好むということが重要です」と話した。

 白川さんの彼女は、彼よりも体重が重いという。しかし、彼らはそれを気にしていない様子。このカップルに関しては、完全に女性が主導権を握っている。

 「彼女は私よりしっかりしています。彼女は重いものも持てるし、お酒もたくさん飲めるんです。この点がいいと思っています。彼女が横にいると、安心感があるんです。」白川さんはこのように述べた。

 女性主導の恋人関係

 白川さんの彼女は彼より5歳年上。彼女が白川さんに告白したのだという。デートの予定は彼女が決めている。白川さんは、「正直にいうと、カップルの中では女性が舵取りをするべきだと思っています。社交的にもカップル的にも、そのほうが利点が多いですから」と話した。

 白川さんは彼女のシャツをきて出勤することもあるという。仕事仲間にその服を自慢するのだそうだ。

 平山郁子さんは、「若い男性にとっては、女性の服を着ることがある意味で地位の象徴となっています。つまり、細さと美しさを示すのです。さらに重要なことは魅力的だということでしょう。逆に、若い女性は男を意識しておしゃれすることに興味がなくなっています。現在の女性は自分のためだけにおしゃれをする傾向にあります」と話した。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年12月11日

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古