2011年12月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:29 Dec 11 2011

「中国人の日本語作文コンクール」表彰式が北京で開催

 第7回「中国人の日本語作文コンクール」の表彰式と受賞者スピーチ大会が9日午後、北京の日本大使館広報文化センターで行われ、最優秀に輝いた国際関係学院3年生の胡万程さんには丹羽宇一郎大使から「日本大使賞」が授与された。

 表彰式には山田重夫公使、高橋光夫ドン・キホーテ専務取締役、坂尻信義朝日新聞中国総局長、上島健史日中産権取引所社長(日中作文コンクール運営委員)、李欣立日中文化交流センター社長、段躍中日中交流研究所所長(主催者代表)らが出席した。

 コンクールは日本僑報社日中交流研究所の主催で、在中国日本国大使館、人民日報社人民網、朝日新聞社、日中協会など友好7団体、中日友好協会、日本湖南人会が後援し、株式会社ドン・キホーテなどが協賛。日本留学経験のない中国人学生を対象に作文を募集した。テーマは最初「日本企業に伝えたい中国人消費者の本音」のみだったが、後に「頑張れ日本!千年に一度の大地震と戦う日本人へ」も特別に追加された。

 締切の5月31日までに27省(直轄市・自治区)171校の学生から3127本の原稿が寄せられ、厳格な審査の結果、北京・国際関係学院日本語学部2年生の胡万程さんが最優秀の日本大使賞に輝き、中山大学の顧威さん、河南師範大学の崔黎萍さん、西安外国語大学の曹珍さん、蘭州理工大学の何洋洋さん、南京郵電大学の劉念さんが1等賞を受賞した。他に15人が2等賞、40人が3等賞、50人が佳作賞を受賞した。

 コンクールは2005年から7年連続で実施。これまでの応募者総数は1万人を超え、600人余りが「日本大使賞」を含む各賞を受賞している。また、受賞作品は書籍として出版。今回の受賞作品集「甦る日本! 今こそ示す日本の底力?千年に一度の大地震と戦う日本人へ」(日本僑報社)は9日に日本全国で発売された。

 日本の著名な作家、石川好氏(前新日中友好21世紀委員会委員、日本湖南省友の会共同代表)は推薦文で「日本で知ることの出来ない中国の若者たちの声から、未知のパワーを感じ、今後の日中友好の力となってくれることを確信しました」としている。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年12月11日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古