2011年12月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:24 Dec 14 2011

今年のホットトピック トップは「高速列車事故」 (3)

 ▽今年のネット文体

 かわいい「淘宝体」がトップ

 中国最大のオンライン通販サイト「淘宝網」の出店者が顧客に親近感をもってもらおうと使い始めた親しみやすく、かわいい文体が、新浪のミニブログでも大人気に。多くの企業や政府機構の間でもそれを応用した文体でさまざまな情報を発表するなど大きな反響を呼び、「淘宝体」が今年のミニブログ文体トップを飾った。

 ネット用語と比べて、各種応用版のミニブログ文体はネットユーザーの創作力が発揮されている。「淘宝体」のほかトップ10に入ったのは上から順に、「TVB体」 (TVBは香港のテレビ局で、中国大陸では中国語に吹き替えて放送されるがその語気が大陸部の人にとっては優しく聞こえる)、びっくりマークを多用する「咆哮体」、サービスが人気の中国火鍋店「海底◆」にちなんだ「海底◆体」、ほかの人に適切なアドバイスをする「掃除のおばあさん体」、日本でも人気の中国映画「狙った恋の落とし方2」で流れる曲「見与不見体」、中国の小学生の教科書の笑い話に登場する「明ちゃん体」、「もし因縁をつけられたら北京大学が代わりに賠償責任を負う!」という書き込みがきっかけで人気となった「校長後ろ盾体」、「文芸青年体」、「もう愛なんて信じない体」。こうしたユニークなミニブログ文体は、ネットユーザーの想像力をかきたてる存在となった。 (編集KN)

 ◆は手へんに労

 「人民網日本語版」2011年12月14日

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古