2011年12月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:21 Dec 19 2011

東日本大震災による津波の漂流物、北米に到着

 3月11日に発生した東日本大震災による津波の漂流物が、太平洋を超えて北米大陸西海岸に到着し始めた。その数の多さと速さは、人々の予想をはるかに超えるもので、津波で流された漁船、家具、人間や動物の死体などの一部などと見られる。中国日報が報じた。

 米国の科学者は「今回流れ着いたものは、東日本大震災の津波によって流された最初の漂流物で、漂流物は今後3年間、北米大陸西海岸に続々と到着する見込みで、その量は500万トンから2000万トンに達するだろう」と語った。また、漂流物の「移動距離」は、一日あたり7マイル(約11.3キロメートル)に達し、かさの高いものが追い風に乗って加速すれば、一日20マイル(約32.2キロメートル)の速さで進むと見られる。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年12月19日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古