2011年12月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:31 Dec 23 2011

オダギリジョー、中国一の美人女優と共演 東京で記者会見 

 第二次世界大戦時の実話をもとに制作された戦争映画「マイウェイ-12000キロの真実」(カン・ジェギュ監督)の記者会見が19日、東京都内で行われ、主演のオダギリジョーや中国一の美人女優と言われる範氷氷(ファン・ビンビン)、日本でも大人気の韓国俳優・張東健(チャン・ドンゴン)など、中日韓の人気俳優が勢ぞろいした。

 共演した男性俳優2人の印象を聞かれた、範氷氷は「チャン・ドンゴンの第一印象は『紳士』」と答え、「撮影会議に参加するため初めて韓国を訪問した際、過密スケジュールだったため、早朝に北京を出発して韓国で会議に出席し、午後には北京に戻らなければならなかった。会議終了後、チャンさんは自ら私の荷物を車まで運んでくれて、同行していたスタッフ一人ひとりに分かれのあいさつを述べたてくれた」と、撮影にまつわるエピソードを紹介。一方、オダギリジョーについては「落ち着いて見えるけど実は熱い人」と冗談交じりに述べ笑いながら、「オダギリさんの髪型には毎回驚かされた」、「中国国内では、私の髪型にみんな注目しているけど、私はオダギリさんがどんな髪型をしてくるのか毎回楽しみにしていた」と語った。さらに、「プライベートのオダギリさんはとてもかわいくて、映画の中で演じている役と全く違う」と暴露。「これはいい役者の特徴。彼はスクリーン上で輝く人」と語った。

 「マイウェイ-12000キロの真実」は、日本では来年1月14日に公開予定。中国でも来年初めに公開される見通し。(編集KN)

 「人民網日本語版」2011年12月21日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古