2011年12月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:38 Dec 27 2011

靖国神社「神門」火事、在日韓国人による放火か

 東京都千代田区にある靖国神社の「神門」で26日明け方、火事が発生した。神社の管理方は、何者かが火を付けたのではないかとの疑いを示している。新華社が報じた。

 神社の管理人によると、火事が発生したのは26日午前4時頃だったという。警備係が素早く火を消し、「神門」の被害は少なくて済んだ。

 火事が起こった靖国神社「神門」は、高さ13メートル、幅28メートル、1934年に建立された木製の門。

 管理者は、今回の火事が放火によるものではないかと疑いを抱き、「放火に違いありません。火事が起こる前、防犯カメラに、何者かが神門の前で液体を撒いている様子が映っています」と説明した。

 日本の現地メディア報道によると、ある在日韓国人が火事発生前に、放火を予告する内容の書き込みをツイッターに掲載していた。警察は現場検証でガラス容器2個を発見、中には石油が残っていた。

 しかし警察は、現段階で火事の原因を特定するのは時期尚早であるとし、「神門」の火事がツイッターの放火予告と関係があると断定することも控えている。

 警察の広報担当者は「問題の書き込みの存在は我々も知っていた。ウェブサイトには毎日のようにこのような天皇や首相を脅すような書き込みが見られるのも事実だ」とコメントしている。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年12月27日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古